ニュース

  • 11月25日 姉と弟の面会

    秋の晴れた1日、千葉駅降りてから娘の車にのり千葉刑務所までの道端に黄金の一面に銀杏の木に金色の染まり、素晴らしい秋でした。 刑務所についてまだ11前でした、この日の担当者は機嫌も良くスムズに手続きを出来ました。姉も久しぶりの面会でしたが(40日)ぶりです、やはり不安でした。刑務所と言うのは囚人...
  • 11月の18日 面会 弟と愛媛県からの支援者

    11月なてから秋の気配も朝晩の冷えも体に少しは負担になりました。忙しいの性か? 相変わらずコロナな感染が日々に増えてきました。千葉刑務所はどうかな?さすかに行かなくではわかりませんでした。 愛知県からの支援者と連絡をして弟と2人で面会行くのことを決めました。無事に遠方からの方ですが、わざわざ神...
  • 10月30日六年目の総会 梶山天講演

    元朝日新聞記者梶山天さんの連載記事を51会も書いて頂きました事も兼ねて発信をしました、事前に守る会の役員様が時間を作って用意した連載記事のコッピを100部も印刷をしまして、是非聞きに来られない方にも分けて頂きたいです。ネット社会の皆んなさんから見ていらないと思いがちですが、携帯の画面にもずっと...
  • 10月13日 布川事件本人の奥さん桜井恵子さんと面会に行きました

    10月13日布川事件桜井昌司様の奥様と面会に行きました。 その日自身の都合で午後になりました千葉駅に着いたところに戸賀さんと一緒に見えました。すぐにバスを乗って刑務所に行きましたが。 恵子さんも初めての為にいろんな質問を聞かれました。恵子 さんがうちの人がここで何年もお世話になってますね。で面...
  • 京都 なくそうえん罪 救おう無実の人々

    滋賀県で発生した二つの冤罪事件 青木恵子さんの誘いもあり、冤罪者の皆んなさんにコロナ以来もなかなかお会い出来なくなりました。 ついでに京都の寺巡り、朝イチのお参りも良い、夜行バスに到着したの早朝5時薄いくらい夜明けの中、ほんの少し寒いけど秋の香りもして、昨日の雨もすっかり消えて晴れた一日の始ま...
  • 9月29日の面会姉弟

    しばらく姉との面会 姉家族もコロナウイルス感染後みんなさんも無事に普通の生活に戻りやっと面会ができました、拓哉も散髪できてスッキリした顔でした。会えてホッとした事もあり。弟が街録に出て今市事件について 拓哉のことを語り世間に忘れないように拓哉が無期懲役の罪で刑務所に服役をされています。時間が経...
  • 9月9日 支援者と面会

    9日の面会は支援者と弟が行って来ました。いつも面会よりも混雑でした、着いた頃も3組と弁護士の列に二組かなり待つと思いました。しかし思ったよりもスムーズに、特に担当の方がその日が余計のことも言わず、その場でいろんな手続きを出来て、すぐに待合室に行けました。ラッキーでした。 待合室に姿を現した拓哉...
  • 22日 面会 弟と

    急に拓哉が逮捕後当時の取り調べのことを確認する為に面会を行ってきました。まだ拓哉が同じこと何回もまだ聞きますか?何回聞いても変わりません。 そうです一生記憶に刻みます、忘れられません。やってもない殺人に あんた 人殺したことありますか?拓哉はハア、ビックリして繰り返して、なんの話して、ある事件...
  • 7月29日 七年ぶりの対面 弟と義理の妹と面会

    7月29日に七年ぶりに拓哉の弟が新婚した奥さんと面会に行きました。受付からちょっと難問も受けって身分証の確認を書き換えてないでしたから、結婚前の名前しか登録していない為に次回にちゃん提出する事になんとか説明をして、やっと刑務所の敷地に入りました。 敷地に入りまだ入口に入りまだ身分証の確認をして...
  • 7月1日面会虚しい

    拓哉に月一回必ず会いに行きます、姉がいつも弟にいいます、いくら忙しいでも本人に期待を失わせない為、姉と弟の絆は本当に親の私にも知らない繋がりがあります。台湾に居る間幼い拓哉にして見たら親の代わりを全ては姉に頼り本当に悲しいです。 q刑務所に居る拓哉は親のせいでも言える自身がいつも自責をずっと、...
  • 6月16日の面会記悩みの相談

    6月14日、千葉守る会の支援者3人が拓哉の面会に行ったと連絡がありました。今年になっても未だにコロナウイルスの感染が無くならない日が続いていますが、やっと蔓延防止措置が解除した所ですぐ面会のお話が来て、支援者の皆様には本当に有難く思います。本当に支援者の皆様、ご苦労様です。これからも再審に向け...
  • 六月一日面会記ジャーナリスト

    2年ぐらいお会いしていなかった方です、先週連絡がありました、拓哉に面会出来るか?是非今の拓哉の健全な姿を皆んな様に伝えたいです。今年になってから本当に逮捕前の拓哉に戻したの感じがしました、裁判中から決定審まで今市留置所、宇都宮拘置所 東京拘置所、川越少年院、千葉刑務所までの八年間のあいだも心に...