無実の罪を晴らせ 勝ち目の無い裁判に挑む 

10月21日、バラエティ番組アンビリーバボーの放送で、以前築地で起きた、業務執行妨害罪により逮捕された、東京神楽坂で寿司店を経営する二本松さんの事件の放送がされました。最終的には二本松さんの奥さんが当時築地で二本松さんを目撃した人を探し出し、証人として法廷で証言してもらい、やっと釈放になったという事件です。改めて他の冤罪事件の裏にも必ず警察の刑事や検察官の作った偽りのストーリーが存在し、そのストーリーに合わせた調書や証拠が裁判に提出されて、それに沿った裁判がされてしまっていると感じました。このような冤罪事件は何も最近始まった話ではありません。ずっと昔から何度も何度も繰り返し起きてきました。冤罪事件の共通点は、証拠を捏造されたり、警察や検察で勝手に作られた偽りのストーリーを調書にされ、そこにサインさせられたり、いつもそんな手法で冤罪事件が起きています。ですので、これから今市事件に関しても、証拠の開示請求を引き続き行い、真実を追求し続ける以外に方法はありません。今市事件も矛盾だらけの自白や、警察や検察の作った偽りの調書と一致させるための一方的に都合のいい情況証拠によって無期懲役という判決がなされました。裁判は本来公平・公正に行われるべきものですが、そこに提出される証拠や資料が偽りによって塗り固められたものならば、裁判を行う意味は無くなってしまいます。何のために裁判があるのか、本当に守られるべきは警察や検察の見栄や保身ではなく、一個人の人権なはずです。今現在拓哉もその人として当然の人権が冤罪により侵害されています。
これからも私達は再審請求を諦めません。冤罪事件は他人事ではありません。これまでにも大きく報道がされていないだけで、何度も何度も同じような冤罪事件が繰り返し行われてきて、その被害者もたくさんいます。いつ自分の身にもそんなことが降りかかるかもわかりません。皆様にはどうかご支援のほどよろしくお願い致します。

コメントを残す