紙の爆弾に記事関連

今回の面会は 30日の予定でしたが、急遽 29 日に変更しました。先日東住吉事件の青木さんより 友人の紙の爆弾で数回冤罪について書いた記事の尾崎さんが面会に来ることになったからです。

面会の手続きをしていたところ問題が発生しました。尾崎さんから拓哉に書いた手紙はまだ本人の手元に届いていないようで、面会は厳しいと言われました。大阪から新幹線でわざわざ来たのに、刑務所の規定もありますので、これまでのやり取りの記録は確認できないか、調べて貰うようお願いしました。ただ調べても難しいようで審査にも時間がかかり、もしかすると面会出来ないこともあると言われて、本当に心配していました。

手続きをしたのは午後一番でしたが、色んな支障がでて、後からで来た方々が次々と呼ばれて面会室に入って行きました。私達は職員から二回も色々聞かれて、2時も過ぎやっとそろそろかなと思ったところ、今度は拓哉の入浴の順番がきてしまい、またしばらく待つことになりました。それでも遠方からわざわざ来ていただいたので、職員に色々調べてもらい、面会させてもらえて、本当に嬉しかったです。

それから面会室に行く前にまた問題がありました。尾崎さんの書いた受付表の書き方が悪くて字が読めないからちゃんと綺麗にわかるように書いて下さいと言 われました。面会まで終始ドキドキしました。

やっと面会室に入れましたが、最近は面会中録音録画だったのですが、今日に限ってそばに職員が付き添うことになり、再審以外の話は条件付きとなりました。話の内容も気を付けないと拓哉が罰せられないように、気をつけながら話を進めました。

拓哉に金子達也検事と関わりがあるかと聞きましたが、やはりあるようでした。金子達也は 2008 年に千葉東金事件に担当した事件で、知的障害の方に自白強要させ、15 年の刑期を課させたそうです。本人も冤罪だとわからずにです。金子達也さんがその後は栄転したようですが、宇都宮の今市事件にも関わりが有るようです。逮捕時の取り調べの状況などで拓哉に色んな確認をしましたが、そばに職員 がいたので話しも気にしながらの様子、なるべく再審の話を本当はもっと取り調べの事も聞きたいと思いました。拓哉の生活面についてや、姉さんからの連絡はどうか等もない話をしました。

拓哉の制服の袖の右横に勲章のような印が あり、その生地は何ですかと聞いたところ、今の仕事の位が一段上に上がってその印だそうです。今は班長の右腕になったそうで、喜んでいました。そばにいた偉い職員さんも笑顔 で拓哉の肩を叩いて、私達が面倒見てるから大丈夫だよと言っていました。待合室に入った時の物々しい雰囲気は一転して和やかになりました。

千葉刑務所は原則身内以外面会出来ないですが、再審と事件に関係ある方に限っ ては認められます。しかしそれでも手紙等のやり取りがないと認められないようです。わざわざ遠くから面会に来ていただいた支援者の方々に対しても、このような長い待ち時間によって不快な思いをさせてしまうかも知れません。またそれでも面会が叶われない事も有るようです。それを皆さんにもこの場をお借りしてお知らせし ます。皆さんにも引き続き再審のためのご支援を宜しくお願い致します

  

コメントを残す