ニュース

  • 3月11日の面会中止の知らせ

    先日千葉の鷲尾さんより連絡がありました。拓哉に差し入れに行ったら、面会を控えて欲しいと職員から話があったそうです。家族も面会を控えなくてはいけないのかどうか気になりました。窓口に来て確認しないとはっきりわからないようです。もしかしたら面会出来る方もいるかと思いますが、遠方の方は面会できなかった...
  • 2月25日の面会職員の感染

    2月25日に拓哉の姉と面会に行きました。オミクロン株のせいか、面会者は少なくスムーズに待合室に入って面会ができました。前日の24日付けで部屋のメンバーの入れ替えがあり、今まで問題になってた方とやっとお別れができ、新たに新入りと入れ替わりになったと、拓哉にとっての良いお知らせがありました。やっと...
  • 新春の集い晃石会の参加

    5日の集会の講話の内容も出来る限り皆んなさんにお知らせ致します。 拓哉は先月1月29日で、逮捕されて丸9年が経ちました。2014年1月29日朝7時頃、警察が大勢自宅に入り、私と同居していた拓哉は私の商標法違反の罪の共犯とされて逮捕されました。その朝私は不在だったので、他の場所で拓哉の逮捕と同時...
  • 27日姉と面会

    27日しばらくぶりの面会でした。元々は先週行く予定でしたが、火曜日に3回目のワクチン接種の副反応が出てしまい行けませんでした。27日、オミクロン株の蔓延状況がこの先どうなるかもわからないので、お姉さんと朝一に行く事にしました。手続きのとき面会者は他にいなく、すぐに手続きが終わり、今までで1番早...
  • 令和4年初めの面会

    七草の日 令和4年になってすぐにでも拓哉に会いに行きたかったのですが、まさかの前日に大雪で、次の日に朝1番に行こうと思っていましたが、テレビのニュースで電車の遅れや色んな所に支障が出ているのを知って、とりあえず出発時間を遅らせることにしました。7時過ぎになると太陽も少し出てきたので、これだった...
  • 12月16日守る会役員の面会

    12月16日、栃木から山本さんと須黒さんと私の3人で面会に行きました。刑務所に着いて午後の受付に並んで記入用紙を貰って、3人での面会は初めてでしたが、2人は審査が必要ですと言われ、いつもの事だと思っていましたが、今日はいつもに比べて厳しく、私も外に呼ばれて2人に面会に内容もっと具体的に書いて欲...
  • 東住吉事件の青木恵子様の面会

    布川国賠勝利パティーに参加の為に東住吉事件の青木恵子様が東京に来ました。その後にも時間を作って。12月14日千葉刑務所に拓哉の面会に行って来てくれました。元気だったと報告をいただきました。先日、拓哉が同室の方との関係があまり良くないと悩んでいる話をしたら、青木さんがどうしても本人と話をしたいか...
  • 12月3日支援者の面会

    同年代の面会。事件の話と違う雰囲気、いつもの面会では無く、今日はほぼ私の話は無しにして、聞き手に回ることにしました。今日の面会者は若い同年代の支援者です。お友達のように彼のプライベートの話や、拓哉の同室の方の話をしていましたので、第三者の私には中断する権利はありませんでした。無罪で出てきたら一...
  • 12月1日宣伝行動

    12月1日今市事件が発生した日に合わせて大沢下野駅前で宣伝活動をしたかったので、皆さんの賛同も得て、その日支援者10人と下野新聞の担当記者と赤旗新聞の記者2人で一緒に駅前の交差点で応援旗と横断幕を持って拓哉の無実を訴えて来ました。現地で通りかかった方も要請サイン有りますか?と積極的に聞いてくれ...
  • 守る会役員との面会

    先日19日、守る会の森野さんと栗田さんと一緒に面会に行きました。2人とも千葉刑務所にいる拓哉に会うのは初めてでしたので、やはりいつも通り審査してからと言われました。しかし結局は身分証の確認もされず、そのまま面会待合所に行けました。また、差し入れの本もそのまま持って行かれ、今まで先に受け取って...
  • 記者と大雨の面会

    9日お昼過ぎ、大雨のせいで電車が遅延していたので迎えに来て貰った車で刑務所に向かいました。刑務所に着いた時もまだ大雨でした。今までにないような土砂降りでした。記者に挨拶して、逮捕時に書いたという記事の資料をいただき、リュックに入れましたが、あまりにも雨が凄かったせいでリュックも濡れてしまいまし...
  • 10月29日晴れた秋の面会

    29日朝、秋晴れの中、お散歩も兼ねた千葉刑務所での面会も悪くありませんでした。拓哉が逮捕されてから9年近く経ちました。日本は1人の青年が冤罪の罪で刑務所に入れられてしまっていても気にしない国家です。外国人が1人ぐらい犠牲になっても、栃木県警の面子は守られ、担当刑事は輝かしい退職を迎えることがで...